採用情報

カテゴリ「あずみ苑 三橋」の73件の記事 Feed

2019年5月17日 (金)

さいたま市西区「あずみ苑三橋」で、新元号書初め大会を行いました

埼玉県さいたま市西区「あずみ苑三橋(デイサービス・ショートステイ)」のデイサービスでは、新元号を祝い、ゴールデンウイーク中にいくつかのイベントを開催いたしました。

 

その中でも特に賑わったイベントは、新元号書初め大会でしたsign03

最初は少々控えめに筆を進めておりましたが、慣れるにつれ筆の運びもスムーズになり、力強い文字になっていらっしゃいました。

 

023

025_2

終盤には、スタッフが“島唄”のメロディーに合わせ、歌と踊りを交えながら大きな紙に“令”と“和”を書きました。

035

038

 

040

041


書道教室で使う半紙とは違い、紙が大きいためか、いつもとは違った感覚で文字を書いていらっしゃるようでした。

これからも、工夫した書道レクを行い、楽しみをお伝えできればと思います。

「あずみ苑三橋」の詳細はこちらよりどうぞ

2019年4月15日 (月)

さいたま市の「あずみ苑三橋」でお花見に行ってきました

埼玉県さいたま市西区「あずみ苑三橋(デイサービス・ショートステイ)デイサービスでは、連日、毎年恒例のお花見へ外出しております。

 

川越の伊佐沼ではちょうど満開の桜を見学する事ができました。

ぼんぼりの様に丸くかたまって咲く桜は、迫力があり心に一瞬にして飛び込んできました。

いつもより笑顔多め、口数も多めの皆様。桜の力はすごいですねsign01

「桜が花の中で一番好き」

「今年も見られて嬉しい、ありがとう」

など口々に聞かれました。

 

010

011


あずみ苑三橋に隣接している三橋公園の桜はもう終わってしまいましたが、これから八重桜

が咲いてくれます。

毎年同じところに出かけていますが、それもまた良いと思っています。

また来年も皆様と一緒にこの桜を見に行きましょう!!

「あずみ苑三橋」の詳細はこちらよりどうぞ

2019年3月29日 (金)

さいたま市西区「あずみ苑三橋」お好きなレクにご参加いただきました

埼玉県さいたま市西区「あずみ苑三橋(デイサービス・ショートステイ)」のデイサービスは、金曜日、男性のご利用が多い曜日となっています。

そのため、男性のお客様にレクリエーションのご要望をお聞きすることが多くなっています。

もちろん、女性の皆さんにもご要望をお聞きしています。

まずはマージャンsign01

ご利用者様がとてもお上手で、スタッフも仲間に交ぜていただきましたが、なかなか苦戦しました。指や頭の運動になるのでとてもいいですね!

女性も経験がある方は興味津々、懐かしそうに観戦されておりました。

 

003


マージャン以外の方は、お花見にいきましたす。車で隣市近辺の公園に出かけ花に癒されて来ました。

桜が2厘程咲いておりました。開花したらまたたくさん外出しましょうねと皆様とお約束いたしました。

 006

「あずみ苑三橋」のすぐ隣にある三橋公園の桜がそろそろ開花します。楽しみですね。

 「あずみ苑三橋」の詳細はこちらよりどうぞ

2019年3月26日 (火)

さいたま市西区「あずみ苑三橋」でスタッフの歌謡ショーを開催しました

埼玉県さいたま市西区「あずみ苑三橋(デイサービス・ショートステイ)」では、先日、ケアマネジャーの関根スタッフが、皆様の前で歌謡ショーを披露させえいただきました。

関根ケアマネと言えば、「「歌うケアマネ!喋るケアマネ!」と言われている「あずみ苑三橋」のエンターテイメントケアマネですhappy01

180センチの長身にダブルのスーツで登場した姿は、まるで貫禄のある演歌歌手のよう。

「皆様が楽しんでくださるために一生懸命歌わせていただきます。」関根ケアマネもご挨拶happy01

そんな姿に皆さまも、うっとりした表情をされておりました。

013

数多いレパートリーの中から、皆様がリクエストした曲を熱唱し、トークでも笑わせてくれました。

皆様も大きな声で一緒に歌い、マイクを持ちデュエットもされておりました。

 

022

026

「あずみ苑三橋」では、スタッフ総動員で、皆様の笑顔が見られるようにこれからも頑張て参ります。

「あずみ苑三橋」の詳細はこちらよりどうぞ

2019年3月20日 (水)

さいたま市西区の「あずみ苑三橋」 機能訓練の様子をご紹介します

埼玉県さいたま市西区「あずみ苑三橋(デイサービス・ショートステイ)」では、この日、天気が良かったので、三橋公園で青空の下、機能訓練を行いました。

日光を浴びながらの「青空機能訓練」happy01

笑顔が多く声も良く出ており、いつもよりも、足がしっかり上がっていらっしゃったように感じました。

012

021_2


これからも天気の良い日はどんどん外に出て「青空機能訓練」を行っていきたいと思います。

「あずみ苑三橋」の詳細はこちらよりどうぞ

2019年3月14日 (木)

さいたま市西区の「あずみ苑三橋」でひな祭りレクを行いました

埼玉県さいたま市西区の「あずみ苑三橋(デイサービス・ショートステイ)」のショートステイでは、ひな祭りレクを行いました。

お客様には、お内裏様とお姫様に扮していただきました。

女性の方にはお内裏様を指名していただき、皆様ツーショット写真をとりました。

皆様照れ笑いされ、見ている我々スタッフこちらの方も照れてしまうくらい、楽しい時間を過ごす事ができましたconfident

 

2019018

2019025


また、翌週には、「あずみ苑三橋」の近くにあるお寺様へ毎年恒例の「河津桜」の見学にお邪魔させて

いただきました。

お寺では紅梅がまだ見事に咲いている中で、同時に桜も見られるスポットですshine

006

暖かい春の日差しの中、一足早い桜の観賞を喜んでいただけたようでした。

「あずみ苑三橋」の詳細はこちらよりどうぞ

2019年3月 4日 (月)

さいたま市西区「あずみ苑三橋」で南京玉簾を楽しみました

埼玉県さいたま市西区「あずみ苑三橋(デイサービス・ショートステイ)」では、先日、伝統文化の南京玉簾の継承者様が来てくださいました。

 

まずは、浪曲の中にやさしい3つの手品とその種明かしを織り込んだ「浪曲奇術」を披露してくださいました。

私たちスタッフは、初めて聞くものでしたが、冒頭の語り口のところでは、お客様は皆口ずさんでいらっしゃいました。

おなじみの物なんですね!

面白く種明かしをしながら手品を披露してくださるので、皆様大笑い。

拍手も自然と出ておりました。

 

007

003




皆様が笑顔になりましたので、そこからはひょっとこ踊りと南京玉簾です。南京玉簾は演じる

方が段々と減っているらしいので観覧出来ることは大変貴重なことですね。

012

玉すだれを皆様に体験していただき、「初めて触った!」「難しい!」など色んな声が上がって

おりました。

 

スタッフも浪曲奇術、勉強したいと思います。いつか皆様の前で披露出来る日が来るまで

楽しみにお待ちください!

 「あずみ苑三橋」の詳細はこちらよりどうぞ

 

2019年2月22日 (金)

さいたま市「あずみ苑三橋」で回想法で認知症予防を行いました

埼玉県さいたま市「あずみ苑三橋(デイサービス・ショートステイ」では、日本回想法医療学会の熊谷謙一様を講師にお招きして、映像と音楽で懐かしい昭和の時代を振り返りました。

回想法を用いることにより、認知症予防を行うことが目的で、定期的に開催しています。

 

テレビモニターを使用するため、室内を少し暗くします。

010

真剣な眼差しでモニターに見入っていらっしゃいました。

昭和20年代、30年代の当時のニュース映像が映ると、当時の情景を思い出し、ご自身の思い出と重なるようでした。

008

映画主題歌や懐かしい歌が流れると、すぐに皆様の歌声も聴こえてきました。

スタッフもカラオケで皆様の前で懐かしい歌を歌ったりしますが、それとはまるで違い、やはり当時の映像というものは全てを思い出すのですね。

普段はなかなか見ルるとがない映像も、いつも、熊谷様が各所に許可を取って、あずみ苑で再現していただいています。

熊谷様、遠い所からいつもありがとうございますsign01

 

あっという間の一時間でしたが、お客様も最後まで食い入るようにご覧になっていらっしゃいました。

次回も企画しますので、ぜひ、お楽しみにしてください!

 

 「あずみ苑三橋」の詳細はこちらよりどうぞ

2019年2月 7日 (木)

さいたま市西区「あずみ苑三橋」で紅梅が咲きました

埼玉県さいたま市西区「あずみ苑三橋(デイサービス・ショートステイ)」の周辺では、風が冷たい日もありますが、日中は穏やかな天気が続いております。

先日は、お日さまが出ているので、散歩に出掛けてきました。

 

少し歩くと、もうすでに紅梅が咲いており、ついさっきまでお正月気分が抜けきれていませんでしたが、一気に春の気配を感じることができました。

 

21

22


梅を好むと言われている「めじろ」もやってきて、

「春が待ち遠しいね、早く春が来て欲しいね。」と皆様、春を想いほがらかな笑顔が見られました。

「あずみ苑三橋」の詳細はこちらよりどうぞ

さいたま市西区「あずみ苑三橋」で、珍しい楽器ハンドパン演奏の鑑賞会を行いました。

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

2019年1回目のボランティアさん来苑は、とても珍しい楽器「ハンドパン」の奏者、野田様にお越しいただきました。

野田様が演奏される「ハンドパン」は、ドラム缶ほどの直径で中が空洞になっており、叩く場所によって音が違います。

ハンドパンから響き渡る音色は、今まで一度も聞いたことがないような心の奥に届く音色でした。

 

11

お利用者様の反応も、始まる前から期待感が増しているのがわかりました。

まず見た目のインパクトがすごいのです!

「ドラやきみたい!」「円盤みたい!」とお客様達の好奇心を刺激し、ハンドパンの演奏に引き込まれていきました。

まるで催眠術にかかっているかのような不思議な感覚になり、演奏が終わると気持ちが大変癒されているのがわかりました。

 

13

終わった後は、初めて見る楽器を触らせていただき、なかなか出来ない体験に皆様の表情も輝いておりました。

これからもあずみ苑三橋は、皆様の好奇心をくすぐっていきます!

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

「あずみ苑三橋」の詳細はこちらよりどうぞ

 

カテゴリ