採用情報

カテゴリ「“こころの元気”エピソード集」の17件の記事 Feed

2018年12月19日 (水)

「こころの元気」エピソード集 ~挨拶から始まる信頼関係~

あずみ苑は、「こころの元気」を合い言葉に、お客様ご自身とご家族様に、快適と安心をお届けしています。

お客様との触れあいの中で、shineこころが“ほっこり”するエピソードshineをご紹介してまいりますconfident

_image


介護の仕事について3年目に入りました。


何も知らない世界だったので、続けられるかが心配でした。


お客様にどう接したらよいか分からなかったので、まずはお一人おひとりに挨拶をしていこうと思いました。


お客様と挨拶をする中で一つひとつ色々なことが分かるようになってきました。


挨拶をすることで会話が始まり、その中からお客様が何を必要とされているかが分かります。
次第にお客様からの信頼を頂けていることに気付きました。


お客様から「ありがとう」という言葉が返ってくることも自分にとってはとても嬉しいことでした。


挨拶や言葉がどれだけ大切かを実感しました。


これからも挨拶を大切にし、お客様に接していきたいです。


(ショートステイ 介護職員より)

「こころの元気」エピソード集 ~挨拶から始まる信頼関係~.pdfをダウンロード

2018年12月 3日 (月)

「こころの元気」エピソード集 ~見つけた。ありがとう。~

あずみ苑は、「こころの元気」を合い言葉に、お客様ご自身とご家族様に、快適と安心をお届けしています。

お客様との触れあいの中で、shineこころが“ほっこり”するエピソードshineをご紹介してまいりますconfident

_image_2


お客様の居室で探しもののお手伝いをしている時。


「冷蔵庫の上に置いたかもしれない」と急に思い出された様子で私に話しかけてこられました。


冷蔵庫の上に乗っているものを一つずつよけていくと、そこには、お客様の字で「一番好きで優しい介護士さん」と私の名前が書かかれてある紙が置いてありました。


今まで悩んでいたことが噓のように元気になりました。

Photo



(有料老人ホーム:介護スタッフより)

「こころの元気」エピソード集 ~見つけた。ありがとう。~.pdfをダウンロード

「こころの元気」エピソード集 ~あずみ学校に行くんだ!!~ 

あずみ苑は、「こころの元気」を合い言葉に、お客様ご自身とご家族様に、快適と安心をお届けしています。

お客様との触れあいの中で、shineこころが“ほっこり”するエピソードshineをご紹介してまいりますconfident

_image


デイサービスで生活相談員をしていた時のエピソードです。


当時、90歳のM様。


奥様を亡くされ、長年お一人暮らしを心配されているご本人を心配したご家族が、ご本人のためにとデイサービスのご契約をされました。


ご本人に「デイサービス」をどう説明しようか?


考えた娘様は 「デイサービス=学校」とお伝えしました。

するとM様は、「学校?では、自分は“あずみ学校”に合格したのか!?」と大喜びで初回のご利用を迎えました。


M様はお孫様が9人。

ひ孫様が13人いらっしゃって、いつもそれを嬉しそうにお話されていました。
あずみ苑に通い始めて少し経った頃、娘様がこんなお話をしてくださいました。


「最近は、親戚で集まっても、あずみ苑の話ばかりしていて、習った体操をみんなの前で披露しているの!それから、子どもも、孫も、ひ孫もたくさんいるのに、相談員さんのことばかり話しているから、みんなちょっとやきもち焼いているのよ(笑)」


お子様、お孫様、ひ孫様、皆がM様のことが大好きなのだと伝わってきました。


目を輝かせてデイサービスに通ってくださっていたM様のことを今でも忘れません。


(シルバー事業本部 運営部スタッフより)

「こころの元気」エピソード集 ~あずみ苑学校に行くんだ!!~.pdfをダウンロード

「こころの元気」エピソード集 ~お客様と私を繋げた歌~

あずみ苑は、「こころの元気」を合い言葉に、お客様ご自身とご家族様に、快適と安心をお届けしています。

お客様との触れあいの中で、shineこころが“ほっこり”するエピソードshineをご紹介してまいりますconfident

_image


あずみ苑に入って間もない頃、ショートステイの介護職員として働いていた私は利用者様のケアに奮闘していました。


まだ「介護」という仕事に慣れていなかった為か食事や排泄、入浴等の介助が円滑に出来ず、とても重労働に感じていたのです。


そんな折に一人の女性のお客様が入所されました。
その方は認知症が進んでいて会話もままならず、私は、行動や気持ちを汲み取るのに苦慮していました。


ある日、そのお客様が中国に住んでいたという話をご家族様からお聞きしました。


その後、そのお客様の前で「北国の春」を中国語版で歌ってみた所、なんとその方も一緒に歌いだし、最後に「ありがとう」と言ってくださったのです。


この話をご家族様にさせて頂いた所、大変喜ばれ、私を「先生」と呼んでくださるようになりました。


このことは、お客様と私の心を繫げたエピソードとして今でも深く心に刻まれています。


(有料老人ホーム:計画作成担当より)

「こころの元気」エピソード集 ~お客様と私を繋げた歌~.pdfをダウンロード

2018年11月27日 (火)

「こころの元気」エピソード集 ~歯は歯医者でしか治せない~

あずみ苑は、「こころの元気」を合い言葉に、お客様ご自身とご家族様に、快適と安心をお届けしています。

11月11日(日)は『介護の日』でしたね。

「あずみ苑」では、より多くの皆さまに“介護”のことを知っていただきたく、

お客様との触れあいの中で、shineこころが“ほっこり”するエピソードshineをご紹介してまいりますconfident

_image_2


デイサービスで生活相談員をしていた時のエピソードです。


パーキンソン病で、歩くことやお話しすることがだんだん難しくなってきたA様。


お声かけしても、お返事が返ってくることはありませんでした。


しかし、A様は、いつもしっかり私の方を見てくださっていたので、きっと伝わっていると信じ、色々なことをお話しするようにしていました。


いつものようにA様とお話をしていたある日。


「私、親知らずが生えていて・・・抜いた方が良いと思っているんですけど
歯医者が怖くて勇気が出ないんですよ・・・」


A様に相談をしました。


「・・・・・・・歯はね・・・。風邪と違って放っておいても自分では治せないから。歯医者に行ったほうが良いよ・・・!」


A様からハッキリとお返事が返ってきました!


お声が聞けた嬉しさと共に、「歯は歯医者でしか治せない」という的確なアドバイスに感動!!


A様に背中を押され、無事に歯医者で親知らずを抜くことが出来ました。


(シルバー事業本部 運営部スタッフより)

「こころの元気」エピソード集 ~歯は歯医者でしか治せない~.pdfをダウンロード

2018年11月19日 (月)

「こころの元気」エピソード集 ~嬉しいの。幸せ。~

あずみ苑は、「こころの元気」を合い言葉に、お客様ご自身とご家族様に、快適と安心をお届けしています。

11月11日(日)は『介護の日』でしたね。

「あずみ苑」では、より多くの皆さまに“介護”のことを知っていただきたく、

お客様との触れあいの中で、shineこころが“ほっこり”するエピソードshineをご紹介してまいりますconfident

_image


いつもご利用いただいているお客様とお話していたときのこと。


「ここに来てあなたの顔が見えると嬉しいの。幸せ。」


と言われました。


どうしてそんな風に感じていただけたのかお聞きすると、


「何度かトイレを失敗してしまった時、嫌な顔せず着替えまで手伝ってくれたでしょ。外出行事のときは手をつないでくれたり、面倒を見てもらっているうちにそう感じるようになったのよ」


と答えてくださいました。


それを聞いた私は、


「これからも頑張ろう」という勇気と、感謝していただける嬉しさを改めて実感しました。


(ショートステイ:介護職員より)

Photo

「こころの元気」エピソード集~嬉しいの。幸せ。~.pdfをダウンロード

「こころの元気」エピソード集 ~あずみ苑で迎える10年目の秋~

あずみ苑は、「こころの元気」を合い言葉に、お客様ご自身とご家族様に、快適と安心をお届けしています。

11月11日(日)は『介護の日』でしたね。

「あずみ苑」では、より多くの皆さまに“介護”のことを知っていただきたく、

お客様との触れあいの中で、shineこころが“ほっこり”するエピソードshineをご紹介してまいりますconfident

_image_3


私の顔を見るとすぐに、


「あー良かったconfident今日は何時までいるの?」


とお話してくださるお客様。


「今日もお仕事なんだね。身体を大事にしてちょうだいねconfident


とお話してくださるお客様。


夜勤で出勤した時は、二人の娘がいる私に

「お母さんがここに来てくれるから本当にありがたいよ。娘さんたちによろしくねconfident


と温かい握手をして下さるお客様。


夜にはそっと、ケアステーションにオーバーコート(防寒着)を置いてくださるお客様。


いつもいつも、お客様から温かいお気持ちをいただき、あずみ苑で10年目の秋を迎えていますconfident
(有料老人ホーム:介護職員)

10

「こころの元気」エピソード集~あずみ苑で迎える10年目の秋~.pdfをダウンロード

「こころの元気」エピソード集 ~朝の元気はこころの元気~

あずみ苑は、「こころの元気」を合い言葉に、お客様ご自身とご家族様に、快適と安心をお届けしています。

11月11日(日)は『介護の日』でしたね。

「あずみ苑」では、より多くの皆さまに“介護”のことを知っていただきたく、

お客様との触れあいの中で、shineこころが“ほっこり”するエピソードshineをご紹介してまいりますconfident

_image_3


あずみ苑に出勤し、お客様への挨拶周りをすると、お客様は

「おはようございます!」とにこやかな笑顔で返事をしてくださいます。


その笑顔に癒され、「今日も1日仕事を頑張ろう!」とお客様から“心の元気”をいただいております。


いつもと同じ表情、声の大きさ、トーン。


お変わりがないことが嬉しく小さな幸せを感じられるひとときでもありますconfident


あずみ苑で出会えたお客様。


十人十色。


本当に個性があり、楽しませて頂いたり学ばせて頂いたり・・・。


これからもたくさんの笑顔が見られるよう職員と共に環境作りが出来ればと思います。


お客様が「こころ」も「からだ」も元気で生活ができますように・・・!


(有料老人ホーム 介護職員より)

「こころの元気」エピソード集~朝の元気はこころの元気~.pdfをダウンロード

2018年11月16日 (金)

「こころの元気」エピソード集 ~最後の居場所にあずみ苑を選んで良かった~

あずみ苑は、「こころの元気」を合い言葉に、お客様ご自身とご家族様に、快適と安心をお届けしています。

11月11日(日)は『介護の日』でしたね。

「あずみ苑」では、より多くの皆さまに“介護”のことを知っていただきたく、

お客様との触れあいの中で、shineこころが“ほっこり”するエピソードshineをご紹介してまいりますconfident

_image_3


私が有料老人ホームで施設長をしていた時の話。


お客様お一人おひとりに行きたい場所を募り、色々な所に出かけました。


ラーメン屋さん、野球の応援、ゴスペルのコンサート、イルミネーション・・・!


お客様のご要望のおかげでスタッフもとても楽しい時間を過ごさせていただきました。


その施設から離れ、1年が経った頃、お客様のご家族から私の元に連絡が入りました。


「お母さんの最後の居場所に、あずみ苑を選んで良かった。


私たちは、どこかで『お母さんを施設に入れてしまった』という後ろめたい気持ちがありました。
でも、あずみ苑で何処かに行ったと話すお母さんは、本当に楽しそうで・・・。


楽しそうなお母さんを見ていたら、施設に入れたことも『良い選択をした』と思えました。

本当にありがとうございました。」


お電話の1ヶ月前。


お客様は逝去されたとのことでした。


当時、お客様のためを思ってしていたこと、自分自身も楽しませていただいていたことが、お客様だけでなく、ご家族にまで貢献出来ていたことを知り、改めて自分の仕事が好きになりました。


これからもお客様、ご家族様に「こころの元気」をお届けできるよう、今、自分の立場から出来ることを頑張っていきたいです。


(シルバー事業部運営部:ブロック長より)

「こころの元気」エピソード集~最後の居場所にあずみ苑を選んで良かった~.pdfをダウンロード

2018年11月14日 (水)

「こころの元気」エピソード集 ~こちらこそありがとう~

あずみ苑は、「こころの元気」を合い言葉に、お客様ご自身とご家族様に、快適と安心をお届けしています。

11月11日(日)は『介護の日』でしたね。

「あずみ苑」では、より多くの皆さまに“介護”のことを知っていただきたく、

お客様との触れあいの中で、shineこころが“ほっこり”するエピソードshineをご紹介してまいりますconfident

_image_3


私が以前、あずみ苑のショートステイで働いていた時のエピソードです。


当時、寝たきりのA様がご入所されたときの事でした。


A様は、夜間帯も歌を歌ったりお経を唱えたりと落ち着かれないご様子でした。
ナースコールがあり、訪室すると

「ごめんなさい。私、うるさいわよね。でも慣れない所にきたせいか不安で眠れないの・・・」


私はA様のお話を傾聴する事にしました。
A様は、昔の事やご家族の事、色々な事をお話して下さいました。


たくさんお話されたせいか「喉が渇いたわ」とおっしゃったので飲み物をお持ちした所、
少しづつ口に含まれ、満面の笑みで「あぁ美味しい。生き返ったわ。」とおっしゃると泣き出してしまわれました。


「家族の事を思い出して不安だったけど、あなたが笑顔で接してくれて話を聞いてもらったおかげで嬉しくて泣けてきちゃった。ありがとう。」


その後、2泊3日のご利用を終え、ご自宅に帰られたA様から、お手紙を頂戴しました。


手紙には、「サービス利用中に親切に対応してくれた」と、お礼の言葉が記されていました。


私はとても嬉しく、ご利用されるお客様は皆、最初はとても不安だという事を改めて感じ、その不安を少しでも取り除いてあげられるようなサービスを提供出来るスタッフで在り続けたいと思いました。


現在はあずみ苑内の有料老人ホームに異動をしましたが、今でもあの時のA様の笑顔が忘れられません。


嫌な事があった時や疲れた時などにあの時の笑顔を思い出しながら頑張っています。
今では「こちらこそありがとう」の思いでいっぱいです。

「こころの元気」エピソード集~「こちらこそありがとう」.pdfをダウンロード


(有料老人ホーム 介護職員より)

カテゴリ